みんなで共有できるカレンダーを作ってみましょう。の回。

Infopathとワークフロー相手にぎゃーぎゃーしているわたくしですどーもテンション低いよ雨だからだよ気に入りの靴履いてきちゃったせいですよ、あーもう、ちくしょうめ。

なのでさっさと本題。

「会社のカレンダーが欲しいな☆」などというご依頼を賜りましたので、せっせと作りましたというご報告です。

「はいよろこんでー」っつって、さて。共有なー共有…どうしよっかな、Outlook…でなくて、SharePoint Onlineにある予定表機能つかうかね。そうしましょうかね。ということで。

久々に言及される右上歯車。ひさしぶりだねーなご気分、からの「サイトコンテンツ」→「アプリの追加」、ずらずらと並んだアプリリストの中から「予定表」を選択。
タイトルだけでふつうに追加するもよし、「詳細オプション」から以下の画面を出して。

s-cal05

グループの予定表オプションをチェックするとこんなことができます。できるらしいです。へええ。便利!!!

SharePoint の予定表をグループ予定表として利用してみる  ――idea.toString();

しかしながらとりあえず、今回わたしが作りたいのは会社全体のカレンダー。なので、予定表オプションを無視し、作成。
サイトに表示させるのは簡単。ページの編集で、予定表を挿入す。なんとなーくクリック五回くらい(嘘ついた、チェックイン・アウトの動作もあるのでもうちょっと増える)でできます。

s-cal01

で。どうせならポータルサイトに表示させるだけでなく皆々様に共有していただいた方が利便性が高まるというものです。なので弊社に在籍しておられる皆々様にはこのカレンダーを選択していただいた上で、

s-cal02

「予定表」の部分から「接続とエクスポート」→「Outlookに接続」を選択。

s-cal03

はい、できあがり。Outlookクライアントのページから見ると「その他の予定表」の中にちゃんと「ソノリテカレンダー」が存在してます。

s-cal04

カレンダー複数枚分割表示鬱陶しいなーって場合はここに注目。カレンダータイトルの左にある矢印マークをね、クリックするとよいことがあります。

s-cal06.png

はい。おしまい。おつかれさまでした。

広告

Outlookのカレンダーに祝日を表示する

目下社内で利用するカレンダーをgoogleからoutlookへ移行中、絶賛移行中。これどうやるんだ、意味わかんねえぞなにこれ使い辛いなコラ、などなどとひしひし実感。慣れてないってたいへんだ。

とは言え、呻いてばかりもいられませんのでちょっとでも使いやすくするためにアレそれ調べて反映させるわけです。よし。一石二鳥狙いでいきましょう。ブログ書くよ。ついでに社内で観覧してもらえればアクセス数アップじゃん。わーありがたいねえ!

てことで初歩の、初歩。

【カレンダーに祝日を表示させましょう。】

①左上にある「ファイル」から<オプション>を探します。見つかります。開きます。その中にずらーっとあるメニューの中から「予定表」を選択。

outlookcal01

②「予定表オプション」のエリア、上から四行目くらいにある「予定表に祝日を追加」をクリックすると国名がずららららっと出てきます。出てきましたか?出てくるんです。日本を選ぶ。

outlookcal02

これで祝日表示は完了です、だがしかし。見づらい。色が他の予定と一緒なもんでちょっと不親切。なので色も変えてさしあげます。

③まずカレンダーから祝日を選択。なんの日でもいいです。近かったから勤労感謝の日を選んでるだけです。そしたらね、上の<分類>って項目がクリックできるので、選択。これ選べない状態の場合、ちゃんと祝日を選択できてないってことなのでめげずにどうにかしてください。

outlookcal03

④分類を選択するとずらーっとなんか出てくるので「すべての分類項目」を選択→「新規作成」。項目名はなんでも良いし色も好きに選べばいいと思います。作成したら<OK>を押しましょう。

outlookcal04

⑤色が変わったね!ヤッタネ!!

outlookcal05

outlookcal06

懐かしきシルバーウィークで確認するとこんな感じになります。これでうっかり休日出勤を免れる可能性が高まりました。よかったね!ヤッタネ!

今日はもう、雨降りでとてもだるいのでその他の何かしらはまたあしたか、明後日に。おつかれさまでした。おしまい。