Outlookのカレンダーに祝日を表示する

目下社内で利用するカレンダーをgoogleからoutlookへ移行中、絶賛移行中。これどうやるんだ、意味わかんねえぞなにこれ使い辛いなコラ、などなどとひしひし実感。慣れてないってたいへんだ。

とは言え、呻いてばかりもいられませんのでちょっとでも使いやすくするためにアレそれ調べて反映させるわけです。よし。一石二鳥狙いでいきましょう。ブログ書くよ。ついでに社内で観覧してもらえればアクセス数アップじゃん。わーありがたいねえ!

てことで初歩の、初歩。

【カレンダーに祝日を表示させましょう。】

①左上にある「ファイル」から<オプション>を探します。見つかります。開きます。その中にずらーっとあるメニューの中から「予定表」を選択。

outlookcal01

②「予定表オプション」のエリア、上から四行目くらいにある「予定表に祝日を追加」をクリックすると国名がずららららっと出てきます。出てきましたか?出てくるんです。日本を選ぶ。

outlookcal02

これで祝日表示は完了です、だがしかし。見づらい。色が他の予定と一緒なもんでちょっと不親切。なので色も変えてさしあげます。

③まずカレンダーから祝日を選択。なんの日でもいいです。近かったから勤労感謝の日を選んでるだけです。そしたらね、上の<分類>って項目がクリックできるので、選択。これ選べない状態の場合、ちゃんと祝日を選択できてないってことなのでめげずにどうにかしてください。

outlookcal03

④分類を選択するとずらーっとなんか出てくるので「すべての分類項目」を選択→「新規作成」。項目名はなんでも良いし色も好きに選べばいいと思います。作成したら<OK>を押しましょう。

outlookcal04

⑤色が変わったね!ヤッタネ!!

outlookcal05

outlookcal06

懐かしきシルバーウィークで確認するとこんな感じになります。これでうっかり休日出勤を免れる可能性が高まりました。よかったね!ヤッタネ!

今日はもう、雨降りでとてもだるいのでその他の何かしらはまたあしたか、明後日に。おつかれさまでした。おしまい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中