意識高い系のひとたちは怖い。

怖いというかなんというか。

所謂、意識高い系のひとびとに無駄に身構えます。なぜならわたしはとても意識が低い自覚があるからです。意識低いというか、快楽主義が過ぎるというか。むずかしいことわかんないから楽しけりゃよくない?愉しいから難しいことがんばれるよねー、てな具合に自分の感情がものさし。他者評価より己優先。なので、こう。高邁な理想やヴィジョンとやらを胸に抱き頭上に掲げ日々自己研鑽に勤しみ克己心を持ち高い志に向かって邁進するひとびとから見ると、まあ、結構ミジンコな自覚がある。あるんですよ。自覚あるから高低差で見降ろされたら怖いんだもーん、身構えちゃうよねーという感覚。(けして意識高くなろうとは思わないあたりミジンコのミジンコたる所以)

そんなわたくしが何かに血迷った挙句行ってきました「INNOVATION INSIGHT LOUNGE」、もう名前から確実に意識高い系の巣窟っぽいにおいがする。場所も六本木アカデミーヒルズ。武装せよ!!!

てことで入社以降はじめてスーツなんぞを着用してね、ピンヒール履いてね、うわーこわいよーこわいよーと呻きながら参加してきた次第。

結果。

わりと楽しかったです。(ミジンコ的感想)
…いやいや、さすがにまあ、もうちょっとがんばって書きますが。ええと。えーっと。

たとえば、日本交通の会長がイノヴェーターとして登壇してらっしゃったんですが、しかし、新ビジネスモデルvs旧ビジネスモデルで考えると彼は確実に保守派というか非イノヴェーターの立ち位置に据えられる訳で。だけれど、タクシー業界としては確実に革新的なことをたくさんやってらっしゃる、訳で。
イノヴェーションってなんだろなーみたいな漠然とした事柄をぼんやり考える素材になりました。イノヴェーションねえ…ベクトルはどうあれ変化すること、なのかしらん。変わり続けてるから変わらないよね、変わることまで含めて変わらないね、みたいな話をむかーしどこかの誰かとした記憶があるのですが、そんな感じの。硬直しない、ルーチンに回収されない。しかし火山の噴火もコンクリートの風化も変化っちゃ変化なんだけど、うーん?そうして変化すらルーチン化したらどうなるんだろ。

あ、提案されるIoTにぐっとこない(ちょう意訳)って視線がとても面白かったです。最近IT業界の端っこにいて、スペックとか技術そのものに興奮する変態たちが周りにたくさんいる、お見掛けする、状況で、無邪気にへえーすごいすごいーよくわからんけどすごいねーと思いがちだったので。当たり前なんだけどね、活用できない技術ってのは活用する側からしたらミジンコが光合成してる程度の凄さなんだなー、と。ふむふむふむ。

………で。ブログを〆るのに格好いい教訓とか考えたかったんですが思いつきませんでした。残念無念無残。

そうそう。巷でよく聞くコンサルタントの手法「三つにまとめる」というやつを、ハイパーなコンサルタントのひとが実際使っていたので、わ、ほんもの!ほんものだ!!!となりました。なんとなく有り難いものに出くわした気分が味わえました。以上。おしまい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中