Power Shellとお近づきになる #2

前回、PowerShell ISEを開けて満足したわたくしです。千里の道も一歩から、とか言ってね。ゆっくりだって亀はけして追い越されない。あのパラドックスに対する数学の解答はむつかしすぎていまだに理解できませんが、うっかり亀に躓くアキレスのことを想像してちょっとだけかなしくなりました。難解な数学よりも共感能力!

そんなことはさておき。まずね、これです。

powershell01

この画面の、ここ。最初のとこ。

powershell02

真ん中の暗い画面がメインなんだろうなーって想像はついた…ついたんだよ…ついたけどさあ…そっから先がわかんねえよ「PS」ってなんだよ追伸?え?いきなり追伸?なに??なにこれ、ってなるじゃん…。

グーグル先生は頼りにならなかったのでそこらへんにいたひとに訊いてみました。

「これ、なんですか?」
「カレントディレクトリ」
「かれんとでぃれくとり」
「そう、現在地みたいなやつ」
「カレントディレクトリって概念は知ってる、ITパスポートにでてきたやつ」
「そう、それ」
「うん。じゃあ、このPSの意味は?」
「は?」
「この、文頭の、PSの、意味がわかりません」
「たぶんパワーシェルの略」
「…なんで?」

パワーシェル開いたじゃん!ワードだってメモ帳だってわざわざ文頭に「W」とか「NP」とかついてないじゃん!!!!!なぜ!なにゆえ!わざわざ!そんなものを!!!

理由は知りませんが、いちいちご丁寧に表明してくださるらしいです。やさしいですね。このやさしさの理由を知ってるひと、いらっしゃったら教えてください。もうこの件についてはググりたくない。

気を取り直して。

Windows PowerShell 入門
これは、Windows PowerShell の使用を開始するためのガイドです。このガイドを一読して Windows PowerShell について理解すると、すぐにこのツールをプロフェッショナルのように駆使できるようになります。

やはり初心者は入門編からでしょう。TechNetさまにご指導いただくべく辿り着いたページの冒頭には頼もしいお言葉です。半信半疑。スクロール。現れる文字の壁。

powershell03

なんでこんな模様みたいな文字サイズで表示されてるんだろ…目が滑る…と思いつつ一通り読みました。ちんぷんかんぷんでした。ScriptingGuyに息子がいることがわかりましたが、そもそもScriptingGuyが誰だかわからない。
まあ、何もかもわからないの前提で読んでいるのだし…わからないのあたりまえだし…入門者のために書かれているのだきっと何かしら有益なことに出会える筈…と思ってつらつらと読み進めます。わからない部分は呪文だと思って読み(飛ばし)ます。

ずらずらと無駄に細かく長くやけにフレンドリーな言葉で書かれた文章からうっすら理解できたのは
・コマンドレットという名前の呪文が存在する
・その呪文は「動詞+目的語」という文法で書かれているので、英語の意味がわかればわかる
・基本、アルファベットと記号たちで書かれる
…これ、前回ググったIT用語辞典に書いてあったね。うん。新たなる知見、まさかの、ゼロ。あ、ゼロじゃないかScriptingGuyに息子がいる、ということは把握したもの。しかしながら、あとはさっぱり。

加えてこの一文、ひどい。酷いです。

”2 つ目は、 バーチャル ラボ (英語) を利用して、PowerShell を簡単に “点検” してみることです。資料を読むよりも実際に試してみる方がいつだってお勧めです (お気付きかもしれませんが、皆さんがこの長い記事を読み終えるまで、私たちはこのことをお伝えしませんでした)。”

あはははははは!!わーさすが言ってることよくわかんないし意味わかんないけどてめーさまがたがとても良い根性してらっしゃることだけはわかった!よーくわかった。いじわる!!!

いじわるに負けるのも悔しいので、次回はバーチャルラボとやらに潜入してきます。前回からの進歩具合にお気づきでしょうか、当然、釣果は期待しないでください。

広告

PowerShellとお近づきになる #1

八月某日都内某所。近隣の同僚がなにやらむつかしい顔をしてパソコンとにらめっこしていました。コマンドがどうとか、こうとか。何かが返ってくるとか、こないとか。むつかしい顔をさせている被疑者のお名前は「ぱわーしぇる」らしい、なんだそれは貝??貝殻??よくわからんなあ変な名前だなあと耳に入ってくる単語を拾いつつ。「これできるようになって欲しいな」という上司のお言葉も、ひとごとのような顔をして、たいへんだなあ、おそろしいなあ、などと一抹未満の同情とたくさんの無関心を以て聞いておりました。
椿事はいきなりやってくるから椿事ですし、厄災は前触れなく訪れるものと相場が決まってます。明日は我が身の身構えを解いたが最後、会社員サバイバルでは背後からなんか飛んでくるらしいです(最近仲良くなったおじさんに教わった)。つまり、あれだ。あれです。ひとごとだと思ってきたところに飛んできた、ひとこと。

「君もだからね」

…わーい。

そんなこんなで、PowerShellとも仲良くせにゃならん、らしい。PowerBIに続き、Powerシリーズ。(ほんとうに、この命名はなんなんだろう。誰のセンスなんだろう。Powerって何か深い意味があるのかしらん。)

ひよっこなのでまず、ググります。「PowerShell とは」

Windows PowerShellとは、Microsoftが開発したオブジェクト指向のスクリプト言語の名称である。開発コード名は「Monado」(モナド)だった。
Windows PowerShellは、.NET Frameworkの技術をベースとするスクリプト環境であり、従来のWindowsにおけるスクリプト環境であったcmd.exeやWSH(Windows Scripting Host)に比べてもはるかに柔軟で幅広い機能が利用可能となっている。
Windows PowerShellに組み込まれているコマンドは、コマンドレット(Cmdlet)と呼ばれる。コマンドレットの多くは「動詞-目的語」という方式で命名されており、それぞれのコマンドレットがどのようなオブジェクトを呼び出すのか容易に把握できる。
また、Windows PowerShellはUNIXで扱われるコマンドとの共通化などにも配慮されている他、エイリアス(別名)によって同じを複数の名前で指定できるようになっている。
Windows PowerShellは、2006年に正式に公開された。Windows XP以降のWindows系OSに対応しており、Windows Server 2008には標準で搭載されている。Windows PowerShellが使用されているアプリケーションとしてはExchange Server 2007などを挙げることができる。

想像通りですが、ちんぷんかんぷん。
たぶん、想定読者よりはるかに知識がないせいだよなー…と思いつつ、わからんもんは、わからん。オブジェクト指向?スクリプト言語?スクリプト環境???一段落目ですでにわけわかんねえぞちくしょう。

めげない。

オブジェト/オブジェクト指向/スクリプト言語/cmd.exe/…とりあえず、わからない単語を片っ端から検索してみたものの、埒があかない!

なので方針変更。まずは対面してみよう。

ここで、理解不能なヒントを貰いました。曰く、「Power Shell ISEを使うがよいです」。

ISE…?またもや不明な単語が出てきましたが、そこら辺はいちいち気にしないという基本スキルを着々と身に着けている最中ですので何ら迷うことなくググります。ぐーぐるせんせー、ぱわーあいえすいーってなんですかー?てな具合です。なんでも訊いちゃう。なにかしら答えてくれちゃう。さすが。すき。

吾問うて曰く「powershell ise」

師応えて曰く「Windows PowerShell ISE の紹

”Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) は、Windows PowerShell のホスト アプリケーションです。Windows PowerShell ISE では、複数行の編集、タブ補完、構文の色分け、選択的な実行、状況依存ヘルプ、右から左へ記述する言語のサポートが可能な単一の Windows ベースのグラフィック ユーザー インターフェイス内で、コマンドの実行や、スクリプトの作成、テスト、およびデバッグを実行することができます。”

………わー、ぜんぜんいみわかんない。いみわかんない。いみわかんないよー。

【起動方法その1】
[スタート] をクリックして [すべてのプログラム] をポイントし、[Windows PowerShell V2] をポイントして [Windows PowerShell ISE] をクリックします。

【起動方法その2】
Windows PowerShell console Cmd.exe、または [コマンド名を指定して実行] ボックスで、powershell_ise.exe と入力します。

この、どちらかで起動できるらしいということはかろうじてわかりました。(が、ぱわーしぇるこんそーる、がなんだかわからないのでとりあえず画面の右端に出てくる謎な一群のうち、虫めがねっぽいマークのところから「powershel ise」で検索した。)

powershell01

おお、なんか出てきた!!!?これがうわさのISE…?なにやらずらずらと、いろいろ、並んでいらっしゃる。

……。
………。
…まあいっか。

接見できた!Power BIと邂逅したときより進んだ!よし、休憩!!!(#2ではせめてもうちょっと前進できたらいいですね。そうですね。道のりは遠い。)

MicrosofitOfficeDivisionDemos #1

雨です。室内作業に勤しむことに何ら文句は御座いませんが、出勤過程で濡れそぼるのに朝からげんなりするのは不可抗力。

でもってそんなタイミングでミッション。Office365、プレゼン用のデモをつくりましょう。

……などと言われたところで、一から全部つくるのたいへん。たいへん。いちいち架空アカウントつくって、それぞれのファイルつくって、なあんてやっていたら日が暮れます。日が暮れたところで終わらないです。はやくおうちに帰りたいしなんならお酒を飲みにゆきたいので、できるだけ省コスト。省エネ。地球にやさしく、わたしに甘く。うん。今日もそんな感じです。

ということで。そんなこんなであってよかったMicrosofto Office Division Demos、やっぱりなかった日本語版…。デモ環境を良い感じにセットしてくれるありがたいツールです。「……you’ll be able to deliver effective demos that cover the full range of Office Products, such as Exchange, SharePoint, Lync, Outlook, Word, Excel, PowerPoint, etc.」へええ。心強い。たのもしいですね。ありがとうございます。

Microsoft Office 365, Project Online, and Power BI demo tenants

公式の説明も当然、英語でした。やけに素っ気ない説明文曰く
デモページ
に、パートナーネットワークからログインしてね。

MSdivisiondemos01

「get demo」からデモサイト作ってね。

MSdivisiondemos02

「Create a new demo environment」を選んでね。(新しくデモサイトつくる場合)

 MSdivisiondemo03

「Standard Office 365 Demo Content – RECOMMENDED (With Power BI and Project Online add-on),」を選んで「Create your demo」を押してね。

MSdivisiondemo04

で。ここからはそっけない公式には載ってませんが。

MSdivisiondemo06

ケイティーって誰…かおこわい…と思ったひとはここで名前やら写真やらを変更できます。(ケイティはメイン管理者なのでこれからずっとお付き合いする必要があります。写真は好みのものに変えておいたほうが愉快に作業できるやつです)変更しなくてもいいです。スキップできます。あと右側にこっそりデモサイトの内容が書いてある。スクロールすると出てくる不気味な外国人お二方も変えられます。なんならその下、Replace云々書かれている場所をクリックすると。

MSdivisiondemo08

全員一気に変えられる!わーい。好みの写真だけ残すのがおすすめ。

MSdivisiondemo09

諸々必要な個所を埋めます。TenantNameは一度作ると変えられませんし、一度使ったものは二度と使えません。

warning!!!

MSdivisiondemo10

「デモサイトは90日間のいのちです」
「あなたのお客さんにデモサイト使わせたりしちゃ駄目です、実際使ってみてごらんよ、ってやりたいならこっち(FastTrackPortal)つかってちょうだいね」

などという警告に同意できたら「Create My Account」をえい、と。
あとは野となれ山となれ、勝手に作成してくれるのをひたすら、ひたっすら待ちます。でもって。

”Q: How long does the Office demo provisioning wizard take to complete?
A: If you selected “Create a new demo environment,” this process normally takes between 12 to 24 hours, depending on service availability. You will receive a completion email when the content provisioning process has been completed.”

FAQで、「どんくらいかかるー?」「え、新しいデモ環境つくるならだいたい12時間から24時間(ただしサービス可用性による)よー」などと言ってますが、結構嘘でした。12時間から24時間どころじゃあなかった、36時間は余裕でかかりました。進捗状況はデモサイト内「CHECK DEMO」から確認できるので心配になったら見にゆくとよいとおもいます。あーやってるやってるがんばってんねー、その調子でがんばれと声援のひとつも送りたくなるかもしれません。

たくさん画像を使ったのでつかれました。今日はここでおしまいにします。おつかれさまでした。

世界は驚きに満ちている。

こんにちは、こんばんは、おはようございます。ほんじつのブログは「ITのおはなし」なんてカテゴリをつくってみたものの、特別にITに知見が深いということはちっとも、微塵も、なく、むしろ、全力でIT素人のわたしがいったいなんのはなしをするつもりなんだろうか?という疑問に端を発する無駄に全力で長大な内省からはじまります。起承転結しっかりあります、紆余曲折の末ようやく辿り着く結論やら、捧腹絶倒、悲喜交々、諸々云々抱き合わせでおおよそ二万字となりましたのでお時間ある際に読んでください。嘘です。前略中略後略に割愛を重ねに重ね、おおよそ三分あれば読めるようになってます、行間を読む能力の養成にはもってこい。これも、嘘。

閑話休題。

ええと。そう。「ITのおはなし」には備忘録の役割を振っちゃおうかな、と。備忘録。かっこういい響きです。忘れることはしかたがないので備えるために記録しましょうという、マイナスベースに前向きなお言葉です。そういう感覚、わりと好きです。忘れないように頑張るのは無理だけれど、忘れても思い出せるように備えるのならなんとなく頑張れそうな気がしてくる不思議。そもそもひとは忘れる生き物ですし。なにもかもすべて覚えていたら発狂しますし。しかしながらこの流れで忘却曲線を持ち出すと、それは節約率のはなしで忘却率のはなしではない!って意地悪なひとに突っ込まれるので注意が必要です。インターネット、こわい。

漸く本題。

そんなこんなで、今回は二か月半ほど経過する中で教わったうちから、すごい!これ便利すごいよ考えたひと偉いよ褒める盛大に褒める!ってなった機能の上位三つを書いてみます。

まず、第三位。
【Ctrl+Fでページ内検索できる。なんなら検索語句の置換ができる。】
重宝&多用…というほど多用はしていないけれど。いろんなもの読むときに便利なので好き。

第二位。
【SharePointの「エクスプローラーで開く」。】
ドキュメントライブラリが、ローカルフォルダっぽくなる。わかりやすい。つかいやすい。ありがたい。

第一位。
【Excelでセルの一番上の段の仕切りをダブルクリックすると、セル幅の最適化?ができる。】
未だこのインパクトを超えるものに出会ってないくらい、びっくりした機能。Excelなんてだいきらいだ!顔も見たくない!指一本触れたくない!!!と思っていたのに、これ知ったおかげで、あれ、ちょっとは優しいところあるのか…知らなかっただけでExcelは存外いいやつなのかもしれない…くらいまで軟化しました(わたしのこころもちが)。

昨日教わった、ウィンドウ右端にある日時のとこクリックするとカレンダーになるやつは、わあ!!てなったものの、卓上カレンダーがあったので感動には届きませんでした。それにしたって、感動しないまでも驚きはした。したので、あー世界は日々驚きに満ちているなあ、とタイトルにようやく戻ってこられました。よし。おしまい。

PowerBIと邂逅する(拝顔編)

英語を前に敵前…否、否、友人前逃亡をカマしましたわたくしですが、さすがに逃げっぱなしじゃあ恰好がつきません。がんばります。がんばれなかったら回れ右すればいいんです。大丈夫、敵は逃げない。

Sign in to Power BI

636c98472397a480d6f264678f7a96bd

office365アカウントでお邪魔したところ存外簡単に歓迎してくれた上、中身、にほんご!すてき!
しかしここでチュートリアルを開くとふたたび、前回と同じ英語サイトに飛ぶことも判明。したうちしつつ画面を眺めていたら、サンプルリンクを見つけました。…また英語じゃないでしょうねおまえ。

3ba4901bf1a25587f3bcb43b1121b6f8

「小売りの分析サンプル」…?

012e01e338a99503129a54f636088828

おお!きれい!なんか格好いい!

格好よかったのでたのしくなっていろいろ弄ってみた結果、なんとなーくの操作の仕方を把握。これはたのしい。色も変えられる!すごい!けどデータの分析方法とかいまいちわかんないからたぶんちゃんと使えない!統計学とかデータマイニングやらなきゃあかんやつだ!
などとはしゃいでいたところ

「あ、それ最新版?今度必要なのはそれの一個前のやつなんだなー」

………わーい。

PowerBIと仲良くなろう、ほんのちょっと親しんだやもしれぬ拝顔編で終了でした。またいつか、お会いできる日がきたらその時は握手しましょうね。なんなら抱擁しましょう。昨日の敵は今日の友とかなんとか、誰かもいつかどこかで言っていました。

*** なんとこのブログ、会社公認ではなく、会社公式になるらしいです。…盛大に恥じらいなく無知を露呈するブログ…だいじょぶだろうか…。

PowerBIと邂逅する。

二度目ました。

ほんじつのわたくし、PowerBIとはじめましてのご挨拶を目論んでいます。ぱわーびーあい。
パワーとは、などという哲学的疑問はさておきます。びーあいとは、という疑問は無視しました。どうせそのうち解説してくれるでしょうとの楽観に基づいて「はじめてのPowerBI」的なものを読んでみました。presented BY Microsoftさま。ありがとうございます。

Power BI – 作業の開始ガイド
Power BI サービスは、Microsoft Power BI が提供するオンラインのサービス型ソフトウェア (SaaS) サービスです。Power BI には、対話操作できるダッシュボードが表示されます。ダッシュボードは、多くの種類のデータ ソースから作成と更新を行うことができます。

ふむ。
「対話操作」とは…?と過った疑問はとりあえず横に置きます。いちいち細かいことを気にしていたら一向に前に進まない。必要なことはあとからググればどうにかなる。楽観的に行きましょう、楽観的に生きましょう。

Power BI では、ビジネスについて最も重要なことを常に知らせるダッシュボードを作成します。 ダッシュボードは、ビジネスに関する重要な情報を表すタイルを集めたものです。 タイルはレポートに基づいています。 そして、レポートは、Power BI で作成されるデータセットから生成されます。または、Power BI Desktop で作成されて、Power BI に公開されます。

ふむふむ。

データセット=原材料
レポート=調理素材
タイル=料理
ダッシュボード=フルコース、ないしは懐石

みたいなイメージ。簡単に見栄えのいいフルコースが作れますよ、というとてつもなくざっくりした理解に至りました。

Power BI サービスのツアーを開始する準備はできましたか? できたら、次のガイドを参照してください。Power BI サービスについて紹介しており、すぐに起動して実行できるように追加コンテンツへのリンクが多数あります。

(たぶん)オッケー、準備はできた。できたはず。できましたので親切なガイドを参照します。便利なリンクもたくさんあるとのこと。ヤッタネ!

Power BI Desktop の概要

0bc88344573957f896bef993090932ab

どどーん。

……えいご。えーご。英語…敵対言語。あはははは!!うっそまーじかーえいごかー。日本語ですらちんぷんかんぷんなのに他言語、うん。すてきすてき。わーい。(やけくそ)

今回はPowerBIさまのご尊顔を拝見できずに終わります。気配はね、ちらっと感じられたから。後姿くらいは拝んだから。よしとします。わたしは、わたしに甘い。

いったいいつ、邂逅を果たすことができるのか。果たして仲良くなれるのか。座して待て次回。(意訳:たぶんすぐ更新します)

いちばんめ。

たぶんおそらくはじめましてのひとばかりなので、はじめましてと書くのもつまらない。ので、どうもこんにちは?こんばんはでもいいです。やあ、とかでもいいと思います。特に拘りはない。ハローとかグーテンモルゲンでもよいのでは。グローバルとか流行ってるらしいので。はやってるの?ほんとに?

右も左もなにもわからずうっかりIT企業に就職した結果「office365と仲良くなりましょう」みたいな目標のもとブログを書くことになりました。書きます。書かせていただきます。自己紹介とか書かなきゃなのかな、ここ。わかりません。
とりあえず書いてるのは髪が白くてめつき悪くてへヴィスモーカーな酒飲みです。
Windowsはマイクロソフト社の製品名称である、ということを入社一か月後まで知りませんでした。へえー!ってなりました。そんなことを知らなくてもTwitterはできるしYouTubeは観られるし、Facebookも使える。なんならブログも書けるし、Picasaも使えるしtumblrもinstagramも数年前から使ってたよ!わたしの故郷は「エンピツ」と「diarynote」だよ!サービス名うろ覚えの黒歴史。たいへん、どうも、ありがとうございます。

ユーザーでいるだけなら知らなくても大した問題ではない、と思います。WindowsだろうとMacだろうと、ボタン押せば電源入る(さいきん、電源の位置がよくわからない機械がいっぱいあってこまる)し、ひとにやさしい設計なのでなんとなーくで使える。
けども。けれども。基本知識がないとoffice365とは仲良くなれない気配を感じます。そんなことも知らないで何仲良くなろうとしているのでしょう、ああほんとうに愚かですねばーかばーか、みたいな。あんまりやさしくない。ちょっとえらそう。うっせーばーか、と背中を向けることも殴り合うことも叶わないのでじゃあまあ、対話できるように基礎からちゃんと覚えましょう。という、趣旨の、ブログになります。

ゆるゆると、お付き合いいただけましたら幸い至極。ではまた近々(公開許可が下りたら)。